概要

私たちは大正大学の学生グループらによって作られました。

仏教学部を中心として、心理社会学部・歴史学科・教育人間学科など、様々な分野の学生が参加することで、様々な視点から、教育・福祉の向上、コミュニティの形成や産業の活性化といった地域の発展に貢献していきたいと思っています。

団体について

地域蒼生舎HIDEN


私たちの団体名の「蒼生(そうせい)」には地域の人々全員という意味があります。そして「HIDEN」は、老人や子ども、病人、身よりのない人、精神的や金銭的に貧しい人々などを救済した聖徳太子の悲田院にちなみます。ありとあらゆる人たちに適切な福祉・教育を提供し、社会の構造に変化を与えることで、地域を創生するとともに、市民一人一人の幸福が増しますようにという気持ちを込めています。

私たちの団体は「しゅりる」に留まることなく、日々変化する社会問題と向き合っていくことを目標としています。したがって、新しい社会教育計画の発想に対し、団体員全体で、補助し、協力し、支援していく形態をとっています。私たちが蓄積した経験やノウハウを、可能な限り社会に提供していくことで、団体員や市民が新しい社会問題に立ち向かい、よりよい社会への変革に貢献することを理想としています。

団体員について

役員

  代表理事:濱田 健司 (仏教学研究科)

  代表理事:田邊 孝顕

参加学生 計4名

  仏教学科 1名

  歴史学科 1名

  教育人間学科 1名

  臨床心理学科 1名

合計8名(2018年11月現在)